トップメッセージ

こんな方が活躍しています

SATO社会保険労務士法人が属するSATO-GROUPでは、一人ひとりの「成長」が最も大切なことと考え、その実現のために成長への6つのキーワード「挑戦」「変革」「創造」「執念」「洞察」「誇り」を掲げています。SATO-GROUPの中でもSATO社会保険労務士法人は常に「挑戦」して「変革」をし続け、ここ数年で大きく「成長」をすることができました。
6つのキーワードを実践するには、困難にも立ち向かえる前向きな姿勢と、何事にも関心を持つ好奇心、そして社内外を問わず人への気配りができることが必要です。

お客様の窓口にたち、的確な判断ができ、失敗を恐れず挑戦・提案をすることができる方を探しています。
現在、社内ではもともと資格を保有していても業務経験が未経験の方、事務経験すらない方が、多くのお客様との対応に業務チームに属しながら活躍しています。
社内研修など社内サポート環境は年々拡充しています。明確なビジョンを持ち、それに向かって最大限の努力を惜しまずに自身の成長を実感したい方にとっては、弊社は最高の舞台となります。

社会保険の仕事は日々のルーティン業務ばかりではありません。担当したお客様に入社した従業員にかかる家族の異動、病気、そして退職までのイベントに関わり続けます。弊社では常に従業員の目線で一つひとつのイベントに寄り添う優しい心で業務に望んで頂ける方と一緒に仕事をしたいと考えています。

日々、お客様からは新しい案件や解決したい課題があがってきます。これらの案件や課題をお客様と共に乗り越えた時、自身の成長、仲間との信頼、そして仕事への喜びを感じて頂けると思います。

覚えて頂くことはたくさんありますが、誰しもが最初は未経験であり、スタートラインは一緒です。常に元気よく前向きに取り組み様々な経験を受け入れ、ご自身に起こる「成長」を楽しみながら実感してください。

代表社員関根 章

欲しい人物像

活躍している方に共通して言えることは、変革を恐れず何事にも前向きに取り組み、着実に経験を積み、そして周りへの気配りが出来ることです。

実際に活躍している女性は、前職で営業と営業事務を経験し、社労士業務は未経験で当社に入社しました。まずは契約社員として着実に実務経験を積み上げてきたのですが、その方が活躍している理由は、目配りが利く絶妙なコミュニケーションが取れるところにあります。実務を積み上げることで、物事の判断力をつけたのですが、洞察力が高くチームの端々にまで目を配らせて持ち前のコミュニケーション力でチームメンバーを理解・把握し的確な判断力とコミュニケーション力でチームを引っ張ってきました。入社10年目の今では8つのチーム80名ほどの人数を取りまとめる課長職に付くまでに成長しています。

男性の例で言うと、その方は社会保険労務士の資格を取得していましたが、業務は未経験で入社しました。資格の勉強をしていたので知識はあるものの、実務の経験はなくこつこつと経験を積み上げてこられたのです。しかしなによりも周りの評価が高いのが、前向きな姿勢と気配りです。当社は女性が7割を占めるため彼のチームメンバーも必然女性がほとんど。その中で、しっかりとメンバーとコミュニケーションを重ね、子育て事情や家庭の家事のことなどそれぞれの事情を考慮して、また、周囲の意見を取り入れながらチームを運営しています。現在入社6年目ですが、係長として活躍を続けています。

社内への気配りはもちろんですが、社外への気配りもとても大切です。
社会保険の手続きは、法律で決まっているので結果は誰に頼んでも一緒です。しかし、「この手続きを頼まれたら、このこともお伝えしたらよりよいのではないか?」「この手続きを依頼されてきたということは、急いでいるに違いない」等目の前の書類を処理するのだけではなく、その書類の向こうにいる「人」に思いを馳せて処理をすることが、「SATOに頼んでよかった」と信頼を得ることにつながると考えています。
社内への気配りは、その第一歩です。

初めてのことで覚えることも多いですし、失敗をすることもあると思いますが、まずはやってみようという気持ちが大切。

弊社は、年齢性別に関わらず努力した方をきちんと評価しています。そのため、若くして役職者になるひともいますし、男女の区別もありません(役職者の6割が女性です)
平等に活躍できる環境がここにはあります。ぜひ当社で自身のキャリアを築いていってください。

部長山鹿 時子

エントリー

ご応募は下記のボタンからお願いいたします。

応募する